フリーランスのデメリット

基本的には今からの時代は圧倒的にフリーランスでやっていった方がお得なことは間違いないでしょう。
ネットが中心でお金が回っているので、わざわざ会社に集まる必要性がないのです。そして、ネット上でいかに収益を得るかという練習になるフリーランスの方がスキルとしては有益です。



なので早いうちにフリーランスとしてやっておき、将来的なビジネスモデルに自分自身をカスタマイズしておくのがベストです。

しかし、まったくデメリットがないのかというとそういうわけではないです。



よくそれで食べていけるのかといったことを言う人もいますが、それに関しては案外会社員の方が危険だったりします。
自分の生活を完全に会社に依存することになるので、それはどうなるかわかりません。もしも会社がつぶれたら転職に活かすというかもしれませんが、業界全体がダメになる可能性もありますし、古いスキルが不要な場合もあります。



しかし、フリーランスでやっていくとなると、税金の申請やらの事務作業や仕事の受注や発信もすべて自分でやっていくことになります。

知ってしまえば自分でコントロールできるのでよほど楽なのですが、知るまでには当然勉強が必要です。

そして仕事面でも今後どのようにやっていけばよいのかということは自分で考える必要があります。

これが負担になる人にはデメリットとも取れるでしょう。

このような事情はあるのですが、何も考えずに会社員は危険なのでどっちにしろ勉強は必要です。