フリーランスって本当にいいの

フリーランスが絶対的に良いというわけではないですし、会社員との単純比較もあまり意味がないでしょう。



というよりは、個別具体的に比べるべきなので、雰囲気でなんか安定してなさそうとかいうことで言っていても意味ないです。なぜか雰囲気や感覚で流しがちなのですが、実際にフリーランスだったらどういう働き方をして何が必要で、会社員ならばどのようなスキルがついてそれが今後どうい活かせるのかということを自分主体で考えるべきです。
この自分主体というのが非常に重要で、会社のためにやるのは良いのですが、自分を強化しなければなんにもならないです。



自己中心的になるのが良いということではなく、組織に関わらず自分が個人でもやっていけるということを考えなければ、人のために何かするのも難しいです。
たとえば結婚したり子供がいても仕事の都合で転勤になったり家族の時間を持てなかったりということです。



これを回避して生活とのバランスを取れるのは一部の人間だけで、会社にあわせている自分は悪くないというのは一理あります。しかし、明らかに怠慢であることは事実です。
仮に自分がフリーランスだったらどうするか、組織に依存せずに自分の時間をどのように確保するのかということを考えてみることも重要です。よく考えていても行動しなければ意味がないという人がいます。
それも一理あるのですが、一度頭の中に描いたものが今後まったく役立たないということもないです。