これからの時代はフリーランス

フリーランス至上主義ということでもないのですが、事実フリーランスになる人は増えています。そしてそもそも会社員という選択肢を取らない人も多いでしょう。



そして、会社員をやるかどうかは個人の自由なのですが、会社員であっても今後の社会動向や、どの産業にどれだけお金が回っているのかなどは知っておいた方が良いです。

それは社会構造が変わったときにも行動できるようにするためであり、そもそも社会構造の一部として定着することは危険です。

別に大志を抱けというわけではなく、安定志向であるのであればむしろフリーランスの方が安全です。なぜならば投資する先が自分自身になるので、その方向性で努力すれば社会の変化に圧倒的に対応しやすいからです。



フリーランスをやっていくとなると、いやでも社会全体に目を配る必要が出てきます。

目を配らないにしても、何をやれば収益が出るのかということや、税金の仕組みなどもある程度知ることになりますし、ネット社会によってこれだけお金の動きが変わっているのかということもわかります。
そのようなことなので、フリーランスのメリットがあります。



もちろんこのような学習は会社員でも可能ですし、会社には所属しているけれども依存はしていないという状況であればそれで問題ないです。

基本的には会社でやっていれば良いということでもなく、会社のために考えて行動するのも違います。

自分のために考えて行動してくださいという話です。